So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

知識を身につける [練習]

音楽の知識はもちろん、様々な知識が役に立ちます。
楽器を演奏することによって別分野の知識に結びつけることができます。
音楽をするということは総合的な知識を用いるということなのです。



例えば、音は振動という物理現象です。
物理学からみてみると音に関することのほとんどを理解することができます。
障害物があれば音は聴こえにくくなり、壁があればはねかえる、などのこともです。

どういう音ならイメージどおりに聴いている人たちに伝わるでしょうか?
そういう音はどうやって出せばいいでしょうか?



演奏解釈には作曲者やその曲の背景を知ることも大切です。
歴史、地理、社会の分野からみるといいでしょう。
いつ、どこの国で、どういうきっかけで作曲されたのか?
作曲者が何を感じ何を考えてできた曲なのか?
などを考えることは音楽を考える上でとても役に立ちます。

曲によっては元になった物語などがあったりもします。
よく文学などが関係してきます。
シェークスピアをはじめ多くの文学作品が吹奏楽曲の題材に取り上げられています。
題材となった作品を読んでみるのもいいでしょう。



楽譜はいってみれば数学的な記号でできているといえます。
それぞれの符号に意味が定義付けられていてそこに表されているのは絶対です。
音の長さ、高さ、など明確に書かれていますね。
楽譜の指示通り演奏できていますか?

反対に楽譜に指示されていないこと、などは自分で考えなくてはなりません。



その他哲学なども音楽を考える上で役に立ちます。
昔の哲学者は哲学書の一部に音楽のページを設けたりしています。
ピタゴラス音律など哲学者の名前がついたチューニング法もあります。


学問名が多くでてきましたがどれも専門的にやらなくても大丈夫です。
中学校程度の学力があればあとは徐々に必要なことだけ調べることもできます。
しかし常日頃から教養を養っておけばきっと役に立つことでしょう。
特に本や映画、美術などは心に豊かな表情を生み出します。
おいしいものを食べることも同様に"刺激"となります。
それは音楽の表現力と直接結びつきます。
つまり音楽の素養となるのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

吹くときの瞬発力 [呼吸法]

管楽器初心者によく見られる問題は空気をそ~っと出そうとするところです。
それじゃ楽器は鳴ってくれません。

ではどうすればいいのか?

てっとりばやくマスターするにはろうそくのイメージから入るのが一般的です。

お誕生日のケーキを思いうかべましょう。
ろうそくが何本か立ってますね。
火をつけてハッピーバースデーの歌が終わると吹き消します。
…どんなかんじですか?
そ~っと吹いてもなかなか消えるもんじゃありません。
思い切って一気に吹きかけなければなりません。

この時の空気の出し方が管楽器の演奏における空気の出し方に近いのです。



しかしやみくもに吹き出せばいいものでもありません。
そのエネルギーが持続できなくてはいい演奏はできません。
次の練習をしてみましょう。

ティッシュを1枚。
端を指でつまんで息を吹きかけてみましょう。
ティッシュがゆらゆらしているようではまだまだパワーが足りません。
吹きかけている間ずっとナナメにキープできるようにしてください。

また、フッ、フッ、フッ、フッと短く吹きかけてティッシュが歯切れよく動くようにしてみましょう。

壁にティッシュを吹き付けてから手をはなし、落ちないようにしてみましょう。

このような空気の出し方をイメージしながら楽器に空気を吹き込みましょう。



ティッシュを使って空気のコントロールの練習ができるんですね。
なれないうちは頭がくらくらしたりしますが休憩をはさみながらがんばりましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の2件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。